【厳選】赤ら顔のスキンケア※おすすめランキング|満足100%宣言!

 

赤ら顔のスキンケアおすすめランキング

赤ら顔を治すには、血液をスムーズに流すことが一番の解決策です。

そのためには、肌の毛細血管をひろがらないようする必要になります。

肌が敏感で毛細血管がひろがりやすく赤ら顔になってしまうなら、その刺激を抑えるコスメを選べばいいんです(*^^)v

肌にグングン浸透して、直接毛細血管に届くコスメを厳選して御紹介します。

すべて、赤ら顔を治す専用のコスメです。

一生懸命リサーチして、おすすめ順にランキング形式にしてまとめてみたので参考にしてくださいね。

赤ら顔のスキンケアおすすめランキング!

1位 白漢 しろ彩
2位 SKIN&LAB ビタK レッドX トナー
3位 ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

赤ら顔でもう悩まない!

運動した後、暖房の効いた部屋、人としゃべっているとき、人前に出るとき、ふいに赤ら顔になってしまう。

本当にイヤですよね(''ω'')ノ

赤ら顔がコンプレックスになって、人前に出るのがおっくうになることがないように3つのスキンケア製品を紹介しました。

1位の「白漢 しろ彩」と2位の「SKIN&LAB ビタK レッドX トナー」は有効成分が直接毛細血管に働きかけて、血栓を取り除き血行を良くする化粧水です。

3位の「ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク」セラミドの働きで肌にバリアを作って、毛細血管に刺激あたえない効果があります。

「白漢 しろ彩」を1位に「SKIN&LAB ビタK レッドX トナー」を2位にしたのは、お得な定期購入をする際「白漢 しろ彩」はいつでもやめれますが、「SKIN&LAB ビタK レッドX トナー」は3回続けないとやめられない。

その差だけです。

どちらも赤ら顔を治す効果が高く、自信をもっておすすめできるコスメなのできなので安心して選んでくださいね。

 

赤ら顔の原因によってスキンケアで対処できる

ここで、スキンケアで対処できる赤ら顔の原因をいくつかあげておきます。

後で説明する「酒さ」などの疾患だとスキンケアで対応するのは困難です。専門の病院で治療を受ける必要があります。

スキンケアで対処できる赤ら顔は

  • 毛細血管の拡張によるもの
  • 皮膚が薄いため刺激に弱い
  • 血栓などによる血行不良

が原因のものです。

ひどいブツブツや異常なほてりなどではなく、このような原因で赤ら顔になっているのなら、赤ら顔専用のスキンケア製品が有効です。

おすすめの赤ら顔専用化粧水を試してみてください。

 

 

 

赤ら顔の原因が「酒さ」の場合

酒さ」と呼ばれる症状で赤ら顔になることがあります。お酒を飲んだ時のように赤くなるので「酒さ」と名付けられたそうです。

「酒さ」は慢性の疾患で進行性なのでとてもやっかいです。

もし「酒さ」ならばスキンケアではどうすることもできません。すぐに専門の病院で治療を受けてください

 

「酒さ」の特徴

「酒さ」の特徴は

  • 30代から60代で発症することが多い
  • 顔面がほてって熱くなる
  • ニキビに似たブツブツができ、悪化すると膿がでる

などです。

慢性の疾患なので皮膚科の専門医にかかったら、すぐ完治するものではありません。

治療中も良くなったり悪くなったりを繰り返すので辛抱強く付き合っていく必要があります。

しつこいようですが「酒さ」の疑いがあれば必ず専門の病院で治療を受けてくださいね。

投稿日:

Copyright© 【厳選】赤ら顔のスキンケア※おすすめランキング|満足100%宣言! , 2017 All Rights Reserved.